スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(5)古人との語らい📚

————————————————————

《第13段》 ひとり燈のもとに文をひろげて見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。

 

いにしへのは、あはれなること多かり。

————————————————————

ああ、兼好さんもそうだったのね…

この段を読んで、兼好さんをぐっと身近に感じました。

 

と、言うよりも… かつての日本人は古典に精通しているのが当たり前であったそうです。

平安時代の貴族たちは、古事記、日本書紀、万葉集、古今和歌集を、スラスラと暗誦できることが素養の一つであり、且つ出世の条件だったと思われます。

兼好さんは、鎌倉時代から室町時代にかけての学者ですが、古典に精通していることが教養と能力を示す絶対条件であることは、平安時代から変わらぬ概念なのでしょう。

その概念は江戸時代になっても変わらず、松尾芭蕉なども古典からの引用を敢えて崩すということをしていると言います。

詠む方もそれを心得ていて、その意外性を楽しんでいたとのこと。

日本人ってすごいな。

これが歴史を持つ国の素晴らしさなのだなぁ…としみじみ思うのです。

 

兼好さんはこの時、老子の書物などを読んでいたようです。老子と言うと中国の春秋戦国時代の哲学者。

ああそうか。漢語を思いのままに操ることも教養とされていましたもんね。

 

でもこの時の兼好さんの言葉は、教養を身につけるために読んでいる感じはなくて、心から古典を楽しんでいる感じ。

この脱力感も、とっても好き😊

 

兼好さんが『昔のものは良いなぁ…』と書いたものを、約600年後の私が今読んで『昔のものは良いなぁ』と思っている。

その途中にも同じように『昔のものは良いなぁ』と思っていた人が沢山いてバトンを渡すように現代に残っている。

それを思うと、奇跡的なような、ロマンチックなような、不思議な気持ちになります。

 

そして古典の言葉の響き。

まるで音楽を聞いているかのよう。

心の深いところに届く音。

日本人に生まれて良かった…

古典に触れている時、いつもしみじみと思うのです。

 

 

by 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(4)形から入る📚

————————————————————
《第85段》
偽りても賢を学ばんを賢と言ふべし
————————————————————
兼好さんは『形から入ればいいんだよ』
と度々言っています。

 

『気持ちが込もっていない』なんて攻める必要はない。自分のことも他人のことも。
成果を出したその時だけを評価するのではなく、出そうとするその『こころ』を褒める。
あるいは、この言葉をお相手に話してあげてもいいかもしれない。
自分に自信のある人なんて滅多にいないから。

 

この言葉の前には分かりやすい例が挙げられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
狂人の真似とて大路を走らば、すなはち狂人なり。
悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。
驥を学ぶのは驥の類ひ、舜を学ぶは舜の徒なり。
偽りても賢を学ばんを賢と言ふべし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ああ、本当だ。その通りだなぁ。

 

なりたい自分を思い描くだけでも良いのですね。
まずは真似から。形から…

 

 

by 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(3)ひとりを楽しむ📚

————————————————————
《第75段》
まぎるるかたなく、ただひとりあるのみこそよけれ
————————————————————

徒然草のこの言葉に出会ってから気持ちが楽になりました。最近は事あるごとにこの言葉をつぶやいています。

 
『人間関係』
今も昔も逃れることのできない、この関係。
この厄介なもの。
仲の悪い人はもちろん面倒臭い。
じゃあ仲の悪い人を全部排除できたとして、仲の良い人だけで集まったらどうかと思うと、これまたやっぱり面倒臭い。
そして相手もこちらを面倒臭いと思っている。

 

————————————————————
人に戯れ、ものに争ひ、ひとたびは恨み、ひとたびは喜ぶ。そのこと定まれることなし。

 

いまだまことの道を知らずとも、
縁を離れて身を閑かにし、事にあづからずして心を安くせんこそ、しばらく楽しぶとも言ひつべけれ。
————————————————————

ああ、本当にそうだなぁ…と思うのです。

人の中に群れていると、限られた関係の中で、誰が上だの下だの、ゴチャゴチャしてしまう。

 

だったらいっそのこと、ひとりになれば良い。
と兼好さんは言います。

 

精神的な意味で『ひとり』になる。
社会と隔絶する必要はない。誰が隣にいても、自立していれば『ひとり』になれる。

 

ひとりの閑かな時間を持つ。
ひとりを楽しむ。

 

『いまだまことの道を知らずとも…』
悟っていなくても良いのです。
中途半端でも良い。
そのままのあなたで良い。
『あ!』と気が付いた時に、相手から一歩離れる。離れる癖をつける。
すると、楽になるよ。
せっかくの人生、楽しまなくちゃ!

 

兼好さんのメッセージを私はこんな風に解釈しています。

 

by 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(2)そこそこで良いんじゃない?📚

————————————————————
《第151段より》
ある人のいはく、年五十になるまで上手に至らざらん芸をば捨つべきなり。励み習ふべき行末もなし。
おほかた、よろづのしわざはやめて、暇あるこそ、めやすく、あらまほしけれ。
ゆかしく覚えんことは、学び訊くとも、その趣を知りなば、おぼつかならずしてやむべし。
————————————————————
徒然草の面白いのは、時々言っていることが矛盾しているようなところ。
『ひとつに決めたら集中して励みなさい』と言っている段もあれば、このように読者をつっぱねるような段もある。

 

五十になってもダメならダメ‼️
結構きついことを言ってらっしゃる。
ゆっくりとぷらぷらしてろ!だって。

 

いえいえ、私が言っているのではなく、兼好法師が言っているのです。

 

おそらく、しょーもない年長者が近くにいて、若者に混じって習い事でもしていたのでしょう。
やる気があるのか、ないのか、全然覚えない。
だけど年上だから、若者たちは笑うわけにもいかず、仕方ないから付き合っている。

 

分からない事があったら、人に聞くのは良いけれども、それもそこそこでやめておきなさい、って。知り尽くしたからって、特に良いこともないでしょ?って。

 

確かに…
それも一理あるかも知れませんね。

 

ゆっくりと、ぷらぷらしている人。
しかし、兼好が好む人物像からは、嫌な感じは受けません。ゆっくりしているのは、自分に自信があるから。自分という核があるからでしょうか?
やたらと若者に交わろうとはしない。

 

兼好の言葉を読み進めると、
絶妙なバランス感覚を感じます。
楽しく生きるのには必要な感覚だなぁ、と思います。

 

目くじら立てて、必死に若者に混じるのではなく、
笑顔でゆっくりのんびり…
が良いのかも知れませんねぇ…。

 

この段、何となく肩の力が抜けてくる感じがして、好きなんです😚

 

 

by 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(1)人生の迷いを消してくれる良書📚

————————————————————
されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。
存命の喜び、日々に楽しまざらんや。
————————————————————
最近、夜寝る前に徒然草を読むのが習慣となっています。
欲しい言葉が、スコーン⛳️🏌️‍♀️と直球で入ってくる感じ。

 

そして、なぜなんだろう…
現代語よりも、古語の方が心に響くのは?

 

学生時代は、古典の授業に大して熱も入らずにいました。嫌いではなかったのですが、なんだか面倒臭くて…。テキトーに流していました。

 

それが、40代半ばを過ぎたあたりから、古典が好きで好きでたまらなくなってきました。

 

言葉の持つ、音色、リズム。
無駄がなくて美しい。
話の内容も面白い。

 

徒然草には、私の迷いを消してくれるような言葉が数多く収められていて、この本に出会えて良かったと心から思いました。

 

著者の兼好法師は、様々なエピソードで話を盛り上げつつ、
『しっかり生きろ‼️』
と喝を入れてくれます。

 

最初の言葉もその一つ。
————————————————————
されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。
存命の喜び、日々に楽しまざらんや。
————————————————————
兼好法師は、どのエピソードでも
今、生きていることを当たり前だと思うな!
と伝えています。

 

そうか、当たり前ではないんだ…。
生まれた時から生きてるから、
生きているのが当たり前のように感じていた。

 

このような言葉、短いのですぐに覚えられて、場所を問わずに唱えられるのが良いところ。

 

私は、電車の中でもバスの中でも、時々思い出して、つぶやいています。

 

こういう言葉を、しみじみと味わえる年齢になりました。大人になるって素敵だな…と思います。

 


By 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー枕草子📚

古今和歌集の次に楽しんだのが、清少納言が記した枕草子。

ハマった理由は、馬鹿馬鹿しかったから😂

毒にも薬にもならない、しょーもない話がいくつもあって、寝る前に読むと気分が良くなります⤴️

 

例えばこんな感じ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はしたなきもの。

こと人を呼ぶに、わがぞとさし出でたる。物などとらするをりはいとど。

おのづから人の上などをうち言ひ、そしりたるに、幼き子どもの聞き取りて、その人のあるに言い出でたる。

 

(工藤訳)

間の悪いもの。

自分が呼ばれたと思って『はーい』って出ちゃったら、本当は別の人を呼んでいた時。その人が贈り物をしようとしていた時など、お互いにバツが悪くて、特に困っちゃうわ。

この前、つい人の悪口言っていたら、それを小さい子が聞いていて、本人の前でバラしちゃったのよ〜。これには参ったわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ああ〜、あるある!😫

そうかぁ、平安時代の貴族たちもこんな感じかぁ〜。

貴族と言うと、もっと教養高くて、いつもツンと澄ましているように思っていました。

でもこれを読むと、なんだか暇そう…

 

不思議なのは、現代語で読むよりも、古文で読んだ方がしっくりくる点。

そう言うところが、清少納言の教養の高さなのでしょうか。言葉に無駄がなくてリズミカル。

 

それから、読むたびに笑ってしまうのがこれ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色黒う、にくげなる女のかづらしたると、鬚がちにかじけやせやせなる男、夏、昼寝したるこを、いと見苦しけれ。

何の見るかひにてさて臥いたるならむ。

 

(工藤訳)

色黒の醜い女が、しかもカツラをしている女が、

これまた醜く、髭がぼうぼうで、ガリッガリに痩せた男と夏に昼寝をしているのは、本当に見苦しいわね。お互い醜いのに、こんなものにいったいどれほどの見る価値があって、共寝をしているのかしら?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

うわぁ〜、ひどいわぁ、清少納言さん。

そこまで言わなくても…

きっと当時の宮廷では、書かれている人物が特定できたと思われます。何ともお気の毒…

 

貴族の女の子たちもゲラゲラ笑いながら、これを貸し借りして書き写ていたのかなぁ〜と、私は想像しています。

枕草子は、エッセーでもあり、ゴシップしでもあり、貴族女子の退屈な日々に刺激を与えていたのでしょうね。

 

そしてこれが、1000年もの時を経て、いま私を笑わせている。私に至るまでに、室町時代や、戦国時代、江戸時代と、枕草子は時を渡りました。

 

江戸時代の中期以降は、国文学の研究が進んでいたので、これらの書物は、もしかしたら江戸の庶民も楽しんで読んでいたかも知れません。

江戸では、本屋や貸本屋が栄え、識字率は70%以上と言われていました。寺子屋も多く、読み書きそろばんの能力を庶民たちは自ら進んで身に付けようとしていました。

ここに、日本人の勤勉さ、日本文化の層の厚さを私は思わずにはいられないのです。

 

 

さて、枕草子は読むだけではなく、書いて楽しむことも出来ますよー✍️

枕草子をテキストにしてお習字のお稽古が出来るのです。私はこれで楽しんでいます♬

水ペンと、水で書ける特殊な習字ペーパーと共にパチリ📸

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

By 工藤さやこ

今日は趣味の話ー古典文学ー古今和歌集📚

着物は大好きなんですが、ず〜っと着物のことばっかり考えていたら、少し煮詰まってしまいました。

 

ということで、今日は趣味の話を…😙

 

一年ほど前から、日本の古典にハマっています。

こんなことを書くと、ものすごい勉強家みたいですが、そうではありません。

 

ハマるきっかけは、古典の中に人の悪口を見つけたからです。こともあろうか、国宝である古今和歌集の序文に😳

 

堂々と人の悪口を書き連ねている‼️

書いたのは紀貫之。

天皇の命令を受けてまとめられた我が国最初の勅撰和歌集です。

中国からわざわざ取り寄せた、最高級の唐紙に!

色とりどりに染め分けた、美しい美しい唐紙に!

 

『まったくあいつは、なってねーな!』と言わんばかりの悪口を書き連ねている。

『あいつも、あいつも…』と悪口は止まるところを知らず、四人の男をぶった斬り🗡

そして、一人の女をベタ褒め💕

『おぬし、さては惚れてたな?😏』と突っ込みたくなりました。

 

最初は目を疑い、次にプッと吹き出し😚、最後

に『なぁ〜んだ‼️』と全身の力が抜けました。

 

歴史に名を残す、賢者を仰がれる人物でさえ、人の悪口を言う。凡人の自分と寸分違わずに。

 

1000年前の賢者が国宝に悪口を残すんだから、

私がこの程度でも、まぁ良いよね〜❣️

と、ものすごく気が楽になったのです。

 

そう思ったら、色々読みたくなったのでした。

その後に読んだのが、清少納言の枕草子。

そして今読んでいるのが吉田兼好の徒然草。

その話はまた後日に…。

 

さて、気になる紀貫之の悪口はこちら👇

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

在原業平は、その心あまりて言葉足らず。

しぼめる花の、色なくてにほひ残れるがごとし。

 

文屋康秀は、言葉たくみにて、そのさま身におはず。いはば、商人のよき衣きたらんがごとし。

 

宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにして、初め終わりたしかならず。いはば、秋の月を見るに暁の雲にあへるがごとし。

 

小野小町は、いにしへの衣通姫の流なり。

あはれなるやうにて強からず。

言はば、よき女の悩めるところに似たり。

 

大伴黒主は、そのさまいやし。いはば、薪負える山人の、花のかげに休めるがごとし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ね?辛口ですよねー!

現代のお笑い芸人と変わりませんよ。

 

いやはや、面白いもんです。

これが人間の本質ですね。

古今和歌集の本編よりも、序文の方がはるかに面白くて、私は結局、あまり本編は読んでおりません。

それもどうかと思うけど…😅

 

さてさて、今日の着物👘は 濃紺の紋紗に、独鈷柄の紗献上です。

 

 

 

By 工藤さやこ

1