スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初めてお着物を仕立てる『何から作るべき?』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『思い切ってお着物を仕立てようと思うんです。まず何から作ればいいですか?』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

着付けの技術が身について、少し自信がついてくると自分のお着物を誂えたくなります。

やはり、自分の身体にピッタリと沿う着物は、心地が良いものですね❣️

 

私がオススメするのは、『袷(あわせ)の色無地』です。

 

《オススメする理由》
●袋帯にも、名古屋帯にも合わせることが出来る
(フォーマルな席もセミフォーマルな席もOK)
●袷(あわせ)は、着られる期間が長いこと
●お茶のお稽古、お茶会、お茶事OK

 

結婚式からパーティまで着て行くことができるので、オススメです。お子様の七五三や、入学式など、控えめに装うべきときにも向いています。

 

《色無地の注意点❗️》
色無地は、色々な帯に合わせやすいのですが、カジュアルな帯には向きません。無地ではありますが、格が高いのです。金糸、銀糸を用いていなくとも大丈夫ですが、きちんとした感じの帯を合わせましょう。

 


 本日の着物👇
今日も動画の撮影がありました。
ですので、しばらく同じ着物👘
薄紫色の絽に、夏名古屋帯です。
——————————————————

 

 

 

By 工藤さやこ

スポンサーサイト

コメント