スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日は趣味の話ー古典文学ー徒然草(4)形から入る📚

————————————————————
《第85段》
偽りても賢を学ばんを賢と言ふべし
————————————————————
兼好さんは『形から入ればいいんだよ』
と度々言っています。

 

『気持ちが込もっていない』なんて攻める必要はない。自分のことも他人のことも。
成果を出したその時だけを評価するのではなく、出そうとするその『こころ』を褒める。
あるいは、この言葉をお相手に話してあげてもいいかもしれない。
自分に自信のある人なんて滅多にいないから。

 

この言葉の前には分かりやすい例が挙げられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
狂人の真似とて大路を走らば、すなはち狂人なり。
悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。
驥を学ぶのは驥の類ひ、舜を学ぶは舜の徒なり。
偽りても賢を学ばんを賢と言ふべし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ああ、本当だ。その通りだなぁ。

 

なりたい自分を思い描くだけでも良いのですね。
まずは真似から。形から…

 

 

by 工藤さやこ

スポンサーサイト

コメント