スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

着付けとセルフマネジメント

よく生徒さんから『毎日着物で大変じゃないですか?』と聞かれます。

確かに洋服よりもはるかに時間がかかります。

 

そういう意味では大変なのですが…

『着物を着る』という一連の行為は、セルフマネジメントにとても役に立つのです。

着物を着るためには、たくさんのタスクを同時進行させねばならないからです。

 

《着物を着るためのタスク》

●時間のマネジメント

→家事を早めに済ませる

→食事を早めに摂る

→歯磨きを済ませる

→トイレも済ませる

→持ち物を揃える

●着物用品を揃えて順番に並べる

●ヘアスタイルを整える

●気持ちを整える

 

どうでしょう?

これ、仕事に似てませんか?

準備を整えて、さらに気持ちも整える。

 

気持ちが整っていないと着物はきれいに着られないのです。

技術だけではダメなんです。

 

そう考えると、着物を着ている段階から、すでにお稽古は始まっているのですね。

着ているうちに気持ちが整ってくるのが理想です。

 

そしてやっぱり準備が大事です。

準備を怠ると、途中で必ず着崩れを起こします。

 

『私は途中でアレがない、コレがないって探しちゃうんですよねー。そうするとどんどん崩れてくるんです』

とおっしゃっている生徒さんにお会いしたことがありますが、やっぱり着崩れていました。

 

着崩れを起こすと、精神的にも余裕が無くなってイライラし始めます。

こうなると、もう大変! 何度やっても裾が決まらない。

帯が決まらない。

そしてもっとイライラ… 更に悪いことには、イライラしているのが、周りの人にも分かってしまうのです。

 

これでは何のために着物を着ているのか分からなくなってしまいます。

せっかく努力しているのですから、細かいところまで気をつけていただきたいのです。

 

では、準備も気持ちも整えてから着物を着ると、どうなるのか?

 

●着ている途中の姿が美しくなります。

●どの瞬間を見られても恥ずかしくない自分になれます。

●気持ちに余裕が生まれ、それが自信へとつながります。

 

すると…

 

歩き方も、立ち方も、座り方も、すべての所作が美しくなります。

自分に自信があるので、素直になれます。

知らないことは素直に『知らない』と言える。

出来ないことは素直に『できない』と言える。

人のことを素直に『すごいね』と褒めることができる。

 

どんな相手でも素直に振る舞えるので、好感を持たれます。

どんなことにも前向きに一生懸命になるので、人として信頼されます。

 

着付けによって、美しくなるだけでなく、仕事の出来る女性になることもできるのです。

気持ちの面も意識して、どうぞ着物ライフを楽しんでみてくださいね😉

 

by工藤さやこ

スポンサーサイト

コメント