スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

着付け割り稽古の詳細 着物…コーリンベルト&伊達締めまで

《着付け 割り稽古》

|緤…腰紐まで

着物…コーリンベルト&伊達締めまで

B…仮紐まで

ぢ…完結パート

 

はい、こんにちは😄

2回目の今回は、着物の着衣完成までです。

 

腰紐をクリアした皆さんが次につまづくのが、コーリンベルトです。

特に正確さが要求される部分です。

なんとなく進む、というわけにはいきません。

そのため苦手とする人が多いようです。

 

右手なのか、左手なのか、持つ位置はどの辺か、

一つ一つしっかり確認していきましょう。

 

《着物…コーリンベルト&伊達締めまで》

 

(1)おはしょりを整えます。まずは後ろから。身八つ口から両手を入れて、背中心を触り、その後左右に分かれて、それぞれ脇腹まで移動。これでおはしょりの布目を通します。

(2)今度は、体の前面。右手は外から上前の襟を、左手は身八つ口から入って下前の襟を持ちます。

(3)その両手、着物を体に沿わせるように、ジワ〜っと広げます。最初は喉の前でジワ〜ッ。

(4)胸の前でジワ〜ッ。

(5)おはしょりギリギリでジワ〜ッ。

(6)右手はそのまま、左手は身八つ口からもう一度手を入れ、2枚の布の下へ。右脇腹の近くまで入ったら、2枚の布を一体化させるように、軽く下に手をトントンとする。

(7)おへそあたりまでトントンしたら、右手が脇腹から手が離れ、おはしょりの衽線を持ち、下半身の衽線と上下一本に繋がるようにする。左手はそのまま左脇腹までトントンを続ける。

(6)ここからがコーリンベルト。

右手は上前の襟の共襟部分を持つ。

左手も身八つ口から入って、内側から右手のすぐ下を持つ。

(7)右手の人差し指の第二関節を共襟に合わせて、襟幅を固定する。

(8)その右手、そのままス〜ッと襟を首の方に辿っていき、耳の後ろ辺りで、きちんと二つ折りできているかを確認。

(9)二つ折りを確認したら人差し指を立てて、耳の後ろで長襦袢の襟と着物の襟が一致しているのを確認。

(10)そこから長襦袢の襟が少しずつ出るように着物の襟の角度を調節しながら右手を下に下ろす。

(11)長襦袢の襟合わせのところで、右手の人差し指の第一関節分、長襦袢の襟が出るように調節する。

(12)右手、その襟の角度を保ちつつ、共襟まで下に下ろして左手にタッチ。

(13)左手、右手のタッチを受けて、共襟よりも10cmほど下に下がる。

(14)右手も左手に追いつく。

(15)右手はそのままの位置をキープ。

左手、余った布を右手を支点にして折り上げる。

(16)左手、右手の支点を折り上げた下の布ごと持つ。

(17)右手、下の布を右脇腹まで折り上げる。

(18)その右手、左手が持っている2枚の布を持ち直す。

(19)左手、空く。

(20)その空いた左手でコーリンベルトを身八つ口から入れる。持つのはシングルの紐の方。

(21)コーリンベルトで、右手の持っている布の、上の方だけをパッチンと止める。

(22)止めたところ(コーリンベルトと布の両方)を左手で持つ。

(23)右手、空く。

(24)その空いた右手で、上前の襟をゆるくかぶせる。

(25)ゆるくかぶせた上前の襟を、右手の親指だけで固定し、手の平をめいっぱい広げて、小指を脇腹の方へ回す。

(26)ここで左手がコーリンベルトを持って身八つ口から外に出る。

(27)そのコーリンベルトを背中に回して、右手の小指に二重になっている紐の輪を引っ掛ける。

(28)左手、空く。

(29)その空いた左手で上前の襟を持つ。

(30)左手が襟を持ったのを確認したら、右手は襟から親指を外し、コーリンベルトをしっかりと小指に掛ける。

(31)その右手で、今度は襟を持つ。共襟の少し下辺りを持つ。

(32)左手、空く。

(33)その空いた左手で上前の襟幅を決めていく。

共襟に左手の人差し指の第二関節を合わせる。

(34)その左手、そのままス〜ッと襟を首の方に辿っていき、耳の後ろ辺りで、きちんと二つ折りできているかを確認。

(35)二つ折りを確認したら人差し指を立てて、耳の後ろで長襦袢の襟と着物の襟が一致しているのを確認。

(36)そこから長襦袢の襟が少しずつ出るように着物の襟の角度を調節しながら左手を下に下ろす。

(37)長襦袢の襟合わせのところで、左手の人差し指の第一関節分、長襦袢の襟が出るように調節する。

(38)左手、その襟の角度を保ちつつ、共襟まで下に下ろして右手にタッチ。そのまま左手で襟をキープ。

(39)右手、襟から一旦手を離し、コーリンベルトの輪を小指から親指に掛け直す。

(40)左手、キープした位置から3cmほど下に移動。

(41)その上を右手のコーリンベルトでパッチン。

(42)右手、コーリンベルトの紐を持ち、軽く握って背中心へ。この一手でゴムの縮みを直す。

(43)両手、背中に回す。おはしょりの背中心を持ったら軽く下に下げて背中のシワを伸ばす。

(44)左右の手、背中心からそれぞれ10cmのところを持ち直し、下に軽く下げてシワを伸ばす。

(45)右手は背中心を持ち、左手は人差し指をコーリンベルトの下から入れて、シワを背中心から左脇腹まで伸ばす。

(46)手をチェンジ。左手は背中心を持ち、右手は人差し指をコーリンベルトの下から入れて、シワを背中心から右脇腹まで伸ばす。

(47)右胸の辺り、コーリンベルトの上にたるみやシワがあれば、コーリンベルトの下から布を引いて平らになるように整える。

(48)伊達締めをする。マジックテープのタイプの場合、左側にマジックテープが来るように持つ。

(49)それを背中に回し、右手受け取ったら、両手で身幅に持つ。

(50)背中の上の方に伊達締めを当てたら、たるみを押し下げるようにして伊達締めを腰の位置まで下ろす。

(51)脇でしっかりと伊達締めを固定したら、胸の前にテープ部分を回す。

(52)左手で右胸を上から撫でるようにして布を整え、シワやたるみを下に送る。

(53)今度は右手で左胸を上から撫でるようにして布を整え、シワやたるみを下に送る。

(54)右側の伊達締めをお腹の前に回し、左側のテープ部分を上からかぶせる。

(55)お腹の前のおはしょりを少し下に下げて、たるみを送る。

 

はい、お疲れ様でした❣️

これで着物の着衣の完成です。

襟元は難しいのに、非常に目立つ部分で…。

着付け初心者泣かせですよね😭

でも、安心してください。

苦労しているのはあなただけでなありません。

みんな、みんな、苦労しています。

美を作り上げるのは簡単ではないということです。

だからこそ、尊いではありませんか🌟

 

5合目まで登ることができたこと、ご自分をいっぱい褒めてあげてくださいね❣️

偉いっ‼️素晴らしい‼️

さて、次からはいよいよ帯に入りますよ〜😄

気張って行こー!おー!💪

 

本日の説明文は、『宗嘉の会 会員のページ』に写真入りで掲載しております。ご興味のある方は、宗嘉の会へのご入会をどうぞ😘

 

この日の着物姿

笹柄の夏大島に、若竹色の夏名古屋帯を合わせました👇

 

 

 

By 工藤さやこ

スポンサーサイト

コメント